副業の体験談 副業の知識

【年収400万円】30~60歳までiDeCoに加入した場合をシュミレーションしてみた

「節税ができるので、サラリーマンはiDeCoに加入すべき」というような話をよく聞きますが、「なんかよく分からんしやめとく」って人は結構多いですよね。

でも、お金に余裕があるのに「なんかよく分からんし」で諦めてしまうのは凄くもったいないんです。

何故もったいないのか?視覚的に理解して頂くために、"年収400万円の人が掛け金月1万円で30~60歳まで"という条件でiDeCoに加入した場合にどれだけ節税ができるのか?シュミレーションをしてみたので、紹介していきます。

「年収400万円」「掛け金=月1万円」「30~60歳まで」の条件でシュミレーション

【条件】
項目 内容
年齢 30
掛金/月 10,000
年収/年 4,000,000
給与所得控除/年 1,240,000
社会保険料控除/年 ※1 575,600
基礎控除(所得税) 480,000
基礎控除(住民税) 430,000
iDeCo加入時 iDeCo未加入時
課税所得(所得税)※2 1,584,400 1,704,400
課税所得(住民税)※2 1,634,400 1,754,400
所得税額 79,220 85,220
住民税額 ※3 163,440 175,440
1年の軽減額
iDeCo加入時 iDeCo未加入時
iDeCoによる所得税軽減額 6,000 0円
iDeCoによる住民税軽減額 12,000 0円
iDeCoによる税制優遇額 18,000 0円
30年の軽減額
iDeCo加入時 iDeCo未加入時
iDeCoによる所得税軽減額 180,000 0円
iDeCoによる住民税軽減額 360,000 0円
iDeCoによる税制優遇額 540,000 0円
iDeCoの積立総額 3,600,000 0円

出典:iDeCo公式サイト

※1 年収の14.39%として計算しています。
※2 課税所得=年収-給与所得控除-社会保険料控除-基礎控除とし、端数金額の処理はせずに計算しています。
※3 一律10%として計算しています。

 

iDeCoに加入した場合のシュミレーションまとめ

iDeCoに加入した場合のシュミレーションまとめ

私がシュミレーションしたもののまとめです。

年収400万/30歳の場合

  • 1年で18,000円も節税できる
  • 30年で540,000円も節税できる
  • 老後の生活資金として360万円が貯蓄できる

銀行口座の普通預金に眠らせておいても平均で年0.001%の金利しかつかず、同じように年12万円貯金しても×0.00001=1.2円ということで年に1.2円しか増えないので、1年で18,000円もある意味プラスになるiDeCoに加入していた方がいいわけです。

また、今回は月1万円の掛け金でシュミレーションしてみましたが、金額を増やせば節税もできて貯蓄も増えます。(職業によって年額の上限が全然違います)

興味のある方は一度『iDeCo公式サイト』でシュミレーションをしてみて下さい。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村 小遣いブログへ

-副業の体験談, 副業の知識

Copyright© 副業レポ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.