正しく行動し、楽しく幸せに生きる。

幸せな夫婦になるためのブログ

看護師

看護師あるある【仕事編】

更新日:

はじめに

今回は運営主ではなく運営主の彼女が「看護師あるある」について書いてみます。

看護師と聞いて、あなたはまずどう考えますか??

例えば、性格上でしたら、優しい?クール?キツい?他には...なりたい職業?付き合いたい職業?夜勤大変そう!お医者さんと付き合うの?お給料良さそう!とかでしょうか。

今では男性看護師も増えてきていますが、今回は女性目線での「看護師あるある」についてお話ししますね!

これから看護師を目指そうとされている方!関わろうとしている方!興味ある方は読んでみてください。

まぁ、「あるある」となると正直沢山あるので少しずつ分けて投稿するつもりです(笑)

看護師あるある(仕事編)

①手洗い、アルコールなどの消毒し過ぎで手がカサカサ...!!

感染にはかなり気を使わないといけないため、何度も何度も手を洗ったり、アルコールで消毒しないといけません。(今は肌に優しい消毒液も出てますが...)

なので、仕事休憩や終わりにはハンドクリームをよく塗ってます。ハンドクリームの香りでいつも癒されるので女性(特に看護師)へのプレゼントに、最適だと思いますよ✨

※香りに好き嫌いはあるかもしれないので注意です!

②夜勤明けの物欲

夜勤明けは睡眠欲はもちろんのこと、物欲も増しちゃいます...。夜勤明けに買い物をした際には、買いたくなります。思考が低下するのでしょう...衝動買いなどして、看護師の方は散財しないよう気をつけてください...(笑)

➂夜勤明け、仕事終わりの休憩室の椅子からなかなか立てない

記録の仕事以外では、ほとんど立ったままで(立って記録することも多々)動いていたりするので、足腰が疲れますね。

ひと休憩して帰ろうとしますが、なかなか椅子から立てないものです。家に帰ってゆっくり休みましょう、体調も崩しやすくなりますし、肌荒れや精神的にも不安定になります。睡眠・休息は大切です。

④そもそも夜勤にご飯休憩・仮眠ないことあり

夜間(夜勤帯)には手術迎え〜観察、緊急入院や病態が急に変化する患者さん、亡くなる方もいらっしゃいます。

日勤と比較すると、勤務者も少ないのでよりチームワークで進めるしかありません...!ご飯が食べれなかったり、眠れなかったりしますので夜勤前にちゃんとご飯を食べて、睡眠をとっておきましょう!

※食事介助の際の患者さんの食事がとても美味しそうに見えます。笑

いらないと言われた時の悲しさ、もったいなさがありますが、もちろん食べませんよ。笑

➄ナースコールのタイミング

一斉に何個もなることもありますし、患者さんへの対応が終わって、ナーススーテションに帰ったら、またすぐにナースコールなるといったこともあります。

特に朝などトイレ介助など大体皆さん重なります。優先順位を考えて行動しましょう。

⑥最初はナースコールの音・モニターの音が頭から離れない

1年目の時は家に帰っても、夢でも職場での音が聞こえてくる気がします。ストレスなど抱え込まず、同期や話せる人に話しましょう。

⑦シフトが出ると勤務メンバー(夜勤)が気になる。

やっぱり職場の雰囲気は様々です...。看護師の勤務はシフト制なので、毎回勤務のメンバーは変わってきます。言い方キツい人、優しい人、理不尽な人、冷たい人、周りを見て協力する人、何もしない人もいます...。

夜勤はスタッフが少ないため、仕事の進み具合はだいぶ変わってきます。勤務表をみて、気を引き締めて努めましょう...と言うのはキツイので、合わない時は上司へ相談してみるのも手です。勤務変更も検討してくれると思います。無理せず異動希望も出すこともできるはずです。

※どの職業、どこに行ってもクセのある人はいます。社会人、看護師にはコミュニケーション能力、特に協調性は必要なので、忘れないでください。

⑧理不尽に患者さんに怒られます

やはりキツかったり、痛かったりして性格が変わるのでしょう...。確認のため聞いたり、本人の思うようにならなかった時、言われたことをしたり、手伝ったりしても怒る方もいます...。時には手や足まで出る方もいます。

こちらから寄り添おうとしても、本人の状態によっては攻撃してくる方もいます。一対一の看護ではないので、十分に看護ができない時もあり、ジレンマに陥ることもあると思います。間違っている時は言うことも大切ですが、相手の体調によっては傾聴する姿勢も大切です。

もし理不尽なことがあった時には、情報共有としても職場の人に相談も大切なので、溜め込まず話してください。

⑨採血・点滴の針が1発で取れ続けたら嬉しい

患者さんによって違うため、血管の取りづらい人はいます。皆なかなか取れなくて、頼まれて入った時の嬉しさはあります。上手になるには経験です。数をこなして、新人同士で練習などすることが必要です。

➉先生に指示を出してと指示を出す。

先生も沢山の患者さんを見ていますので、忙しいことは分かります。指示を入れてもらわないと進めない業務もあります。冷たくて言いづらい先生もいますが、患者さんのためにも依頼は必要です。タイミングを考えて依頼しましょう。

最後に

沢山のあるあるの中の一部だけ紹介しましたが...学生さん、新人さんに向けてがメインになったかもしれません。

家族や友人、好きな人、気になる人が看護師であったら、こんな感じで仕事しています...。看護師は話を聞く側でありますので、プライベートでは話を聞いてあげてください。笑

社会人ならではのストレスあると思いますので、お互いで理解し合うことが大切かもしれませんね。

  • この記事を書いた人

butakirin

Copyright© 幸せな夫婦になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.